白内障 手術・入院(左目) 2日目

朝7時 

看護師さん「眠れましたか?」

山井「眠れなかったので薬いただきました」

看護師「じゃあ、もう少し寝といて大丈夫です(^_^)」←何のために起こしに来たんや

7時50分 ちゃんと起きる。

手術が11時なので、朝食は無しです。

売店で買っておいたアロエヨーグルトを3分の2食べました。

前回の手術当日の気持ち悪さ(吐き気)よりかはましですが、あまり元気ではないです。

看護師さんから、少し手術開始が早まるかもと言われました。

お腹が空いてきました・・・。

10時ぐらいまでに黒飴を2、3個舐めました。

9時から点滴と目薬でした。

*この日の担当の看護師さん、点滴注射を一回失敗されました。まあ、人間誰でも失敗はしますよね。ですがこの看護師さん、なにも言わずに2本目を打ちました。しかも結構痛かったです。一言でいいので・・・、「すいませんもう一回打ちますね」って・・・、言ってほしいですよね・・・。こちとら手術前で緊張してる身ですさかい。

11時頃? 手術室に移動。

ーーーーーーーーーーーーーー

手術開始。

今回は眠くなかったです!

左目を、頑張って右(真ん中)の位置でキープします。

先生がグッと目に手か腕を乗せるので、キープする対象が分からなくなるのが大変でした。

途中から、前回の手術でも見えた『光っている四角』が見えてきて、気が楽になりました(それを見てれば良いということなので)

途中、担当の先生と指導の先生が「すごいなぁ」と言っていました。(なにが凄いんだ?!)

「レンズ用意して」と声が聞こえたので、レンズ入れるところまで順調に進んでいるんだと安心しました。

しかし、もうそろそろ終わりだろうなと安心していたら・・・、

突然、痛みが。

えっ、麻酔してるのになんで痛いの?!と思っていたら、また・・・

痛い!

思わず「痛っ!」と声が出てしまいました。

しかし先生は、「ごめんなさいもう少しなんでっ」← ・・・∑(゚Д゚)

終盤に謎の痛みがありましたが、硝子体手術に移行せず(水晶体は落っこちず)に無事に手術は終了しました。

*手術中、何故か左腕が重かったです。

そして足の先が寒かったです。(手術室自体はひんやりしていたのかな)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病室に戻りました。

今回は右目が見えるので、気が楽でした。

ただ術後の眼帯がとても大きいので、鼻に当たっていてむず痒くて落ち着かなかったです。

そして手術した左目が充血気味で、じわーんと少し熱があります。

18時  夕食

夜 念のためまた睡眠導入剤をもらい、就寝

おしまい。